発表会を終えて③

お次はたいき君の「かざぐるま」。
彼はピアノを弾くのが嫌になった時期があります。お母さんから「もうやめた方がいいですか?」と相談されたことも。音楽を嫌いにはなってほしくなかったので、「色々、方法を考えるのでもう少しだけ様子を見ましょう」と提案しました。彼はピアノを弾くよりも、楽譜を書く方に興味を持ったので、ピアノは弾かずにひたすら、楽譜を書くということをレッスンでしていました。そうこうしていると、ある日突然、「ピアノが弾きたい」と自ら言いだし、発表会にも出ることになりました。
楽譜を書く練習をひたすらしていたのがよかったのか、譜読みもすらすら、両手でもすらすら弾けるようになりました。

発表会を終えて②

<第一部>最初に演奏してくれたのはももちゃん。
私が編曲した「きらきら星」を演奏しました。
恥ずかしがり屋で、レッスンの時でさえ、「間違えるのを先生に聴かれたくない」となかなか弾いてくれませんでした。習い始めて半年くらいでやっと、ピアノを弾くようになりました。
発表会の曲決めの時に、モーツァルトの「きらきら星変奏曲」を聴かせたら、「これがいい!」の一点張り。「先生が簡単なの作って来たよ」と、私が作って来た曲を聴かせたら、「もっとキラキラした曲にして!」とか「もっとタリラリ(16分音符)いっぱい入れて!」などとダメ出しを2~3回いただき、なんとか納得する編曲をして演奏することとなりました。当日はリハーサルの時にすでに緊張していましたが、上手に弾くことができました。 終わったらお母さんのところでハグ。
よく頑張りました。

発表会を終えて①

4月14日(日)に発表会を開催しました。
まずは<オープニング>の演奏。
中高時代の同級生のこくちゃんと一緒に演奏しました。
彼女は中高時代マンドリン部に所属し、ギターを担当。
私は中高時代吹奏楽部に所属し、アルトサックスを担当。
二人は違う部に所属していましたが、同じ音楽系の部活ということで、仲良しでした。
そんな二人が初めて共演したのは10年前、やはり今回と同じソプラノサックスとギターという組み合わせで演奏しました。
今回演奏した曲は「アナ雪」の挿入歌「Let it Go~」とエルガーの「愛の挨拶」。
ちょっと間違えたところもありましたが、これから演奏するみなさんの緊張をほぐせたかな?えっ?逆に緊張させてしまったかな?

 

発表会のお知らせ

4月14日(日)13時から MUSIC LIFE TAO2階ホールにて発表会をします。
日頃の成果をみんなで発表しあい、交流の場を持ちたいと思います。
普段聴けない、ヴァイオリン独奏、サックスフックス(サックス4重奏)やギターとサックスの2重奏などの楽しい演奏も聴けます。

(写真は昨年の発表会です)

楽器

横川ゾンビナイトを聴きにきてくれたMちゃんは色んな楽器に興味深々です。今日はたまたま午前中にだんさなんがエレキベース練習したまま楽器が出してあったので、わざとそのままにしておきました。レッスンに来たMちゃんはやっぱりテンションアップ。ギターギターと言って弾く真似をしたり、楽しんでくれました。

この冬は・・・

昨日、ホットカーペットをひいてみました。足元あったかで、しっかりレッスンしたいと思います。生徒さん寝ちゃわないように。

 

HPのトップページ

HPのトップページが変わりました。
ご縁あって、まるちべインターのなんばゆきさんに描いていただきました。

https://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fwww.painter-nanba.com%2Fblank%3Ffbclid%3DIwAR0M6FtKqsJx5FTsJC40op35iATtJxaRTxI13NSCqJBhggTOfVCoCAy0TR8&h=AT2gPMWHAiQSADynf8vCk494gt0KZag9kWzXaoRTXHzD_q8l8vmgidA0S2relYw2w0r6QZ7F34Q77PWoAayoWv6UzClkeIR0SyP_lFrHKKKakTGvSYDzmuwwxP7A-a0Ctuwa

打ち合わせでイメージを伝えたら、それを見事に表現してくださいました。私が伝えたのは、「空飛ぶ虹の鍵盤」と「笑顔」これだけです。たったのこれだけで、私のイメージが伝わったのか、なんばゆきさんは素敵に描いてくださいました。(自慢ではないですが、私は絵心が全くないので!)

こんな絵のような音楽教室にできたらいいなぁ~と日々努力中です。

ピアノが弾きたくて・・・

ピアノが弾けるようになりたくて、ピアノ教室に通っている人がほとんどだと思います。でも残念ながら実際にはすぐには弾けません。そしてそれが嫌でやめる人もいます。
うちの教室にもそんな子はいます。そして失敗したり、弾けないことを恥ずかしいと思うようで、レッスン中になかなか弾いてくれません。そんな時には気分を変えて。
レッスン中にピアノに一度も触らずに帰る時があってもいいと思います。弾きたくなったら弾けばいいと。まずは音楽の楽しみを一緒に見つけて、その子にあったやり方を見つけて行きたいと思っています。

 

初見演奏

私は初見演奏が得意です。初見とはその場でぱっと楽譜を見て、演奏することです。得意なのには理由があります。実は・・・「練習嫌いだから」なのです。小学生の頃はたくさん練習していた記憶がありますが、中学生になった頃から、部活や勉強で忙しいのを理由にあまり練習をしなくなったような気がします。でも毎週ピアノのレッスンはやってきます。練習していないと先生にはすぐにばれます。練習していかないと次の曲がもらえないから楽しくないし・・・。でも上手になりたいし。矛盾しているのは分かっているのですが・・・。
これは性格の問題だとなのですが、曲を深く突き詰めるのが苦手です。ある程度曲が形になっていればもういいや!完成!と思ってしますのです。そんなこんなで色々な曲をあさるようになり、初見演奏で満足してしまうようになってしまいました。良い子は真似しないでくださいね。

発表会終了

4月15日(日)なんとか無事、発表会終了しました。本番前はひやひやしましたが、みなさん緊張しながらも演奏がんばりました。私も、連弾、こどもたちとの歌の伴奏、ヴァイオリンの伴奏、フルートとのアンサンブル(ピアノ)と出番が多く、大忙しでしたが、みなさんと楽しい会をもつことができました。ご協力いただいた皆様には感謝感謝です。今回の反省点を踏まえて次回に活かしたいと思います。
1年後を目指して、計画していきます。