今年の発表会

みなさんいかがお過ごしですか? 昨年は4月に予定していた発表会は直前の緊急事態宣言により、残念ながら中止となりました。 今年も4月ごろにできたらいいなぁと思ってはいましたが、またまたできませんでした。 なかなか、会場を貸し切っての発表会は難しいので、小さなミニコンサートでもできたらと思っています。

※写真は2020年4月に中止になった発表会の代わりに、仕上げとして教室で個々に演奏した時のものです。

音符の飾り

子どもたちが窓に飾りつけしてくれました。
どうやったら外からよく見えるのか、大きさや色を工夫して作ってくれました。
ト音記号はかなり難しかったですが、きれいにできました。
うちの教室は看板がないので、パット見て音楽教室だなぁと分かるようになりました。

毛糸で楽譜

毛糸でト音記号、ヘ音記号などを作ってみました。お手本を見ながら、「何番目の線から書くんだっけ?」と確かめながら、作成。どこでセロテープを止めたら、上手にまあるくなるかなぁ。いろいろ考えることが多くて、かなり集中してみなさん取り組めました。
普通に書くよりよく覚えるし、丁寧に出来上がります。

休業のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4/22~5/6まで教室でのレッスンをお休みします。(zoomでのオンラインレッスンのみ可。)

Zoomでのオンラインレッスンはしていますので、お気軽に 問い合わせ、ご相談ください。

発表会中止のお知らせ

4月12日に予定しておりました年に一度の発表会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止することといたしました。

年に一度の機会でしたが、発表会のためにこれまで練習してきた曲を撮影し、うちわで楽しみたいと思います。

発表会を終えて③

お次はたいき君の「かざぐるま」。
彼はピアノを弾くのが嫌になった時期があります。お母さんから「もうやめた方がいいですか?」と相談されたことも。音楽を嫌いにはなってほしくなかったので、「色々、方法を考えるのでもう少しだけ様子を見ましょう」と提案しました。彼はピアノを弾くよりも、楽譜を書く方に興味を持ったので、ピアノは弾かずにひたすら、楽譜を書くということをレッスンでしていました。そうこうしていると、ある日突然、「ピアノが弾きたい」と自ら言いだし、発表会にも出ることになりました。
楽譜を書く練習をひたすらしていたのがよかったのか、譜読みもすらすら、両手でもすらすら弾けるようになりました。

発表会を終えて②

<第一部>最初に演奏してくれたのはももちゃん。
私が編曲した「きらきら星」を演奏しました。
恥ずかしがり屋で、レッスンの時でさえ、「間違えるのを先生に聴かれたくない」となかなか弾いてくれませんでした。習い始めて半年くらいでやっと、ピアノを弾くようになりました。
発表会の曲決めの時に、モーツァルトの「きらきら星変奏曲」を聴かせたら、「これがいい!」の一点張り。「先生が簡単なの作って来たよ」と、私が作って来た曲を聴かせたら、「もっとキラキラした曲にして!」とか「もっとタリラリ(16分音符)いっぱい入れて!」などとダメ出しを2~3回いただき、なんとか納得する編曲をして演奏することとなりました。当日はリハーサルの時にすでに緊張していましたが、上手に弾くことができました。 終わったらお母さんのところでハグ。
よく頑張りました。

発表会を終えて①

4月14日(日)に発表会を開催しました。
まずは<オープニング>の演奏。
中高時代の同級生のこくちゃんと一緒に演奏しました。
彼女は中高時代マンドリン部に所属し、ギターを担当。
私は中高時代吹奏楽部に所属し、アルトサックスを担当。
二人は違う部に所属していましたが、同じ音楽系の部活ということで、仲良しでした。
そんな二人が初めて共演したのは10年前、やはり今回と同じソプラノサックスとギターという組み合わせで演奏しました。
今回演奏した曲は「アナ雪」の挿入歌「Let it Go~」とエルガーの「愛の挨拶」。
ちょっと間違えたところもありましたが、これから演奏するみなさんの緊張をほぐせたかな?えっ?逆に緊張させてしまったかな?

 

発表会のお知らせ

4月14日(日)13時から MUSIC LIFE TAO2階ホールにて発表会をします。
日頃の成果をみんなで発表しあい、交流の場を持ちたいと思います。
普段聴けない、ヴァイオリン独奏、サックスフックス(サックス4重奏)やギターとサックスの2重奏などの楽しい演奏も聴けます。

(写真は昨年の発表会です)

楽器

横川ゾンビナイトを聴きにきてくれたMちゃんは色んな楽器に興味深々です。今日はたまたま午前中にだんさなんがエレキベース練習したまま楽器が出してあったので、わざとそのままにしておきました。レッスンに来たMちゃんはやっぱりテンションアップ。ギターギターと言って弾く真似をしたり、楽しんでくれました。